FXで勝つにはスキャルピングを極めるべき

スキャルピングのすすめ

FX取引を始めて、最初に考えるのは短期と長期のどちらを主軸にするか、という事です。

もちろん、両方に長所と短所があるので、どちらが良く悪いとは言えません。

でも、私のようなFX素人で経済にも疎いのに、結果的に勝てるようになったのが、超短期取引のスキャルピングを極めたからだと思います。

まず、そもそも論として明日の為替や株価がどちらに動くかは、誰にも分かりません。それが分かれば、誰でもあっという間に億万長者になれます。

でも、数分後の一瞬ならなんとなくわかったりします。

それには、妙に経済を勉強した知識豊かな人よりも、パソコン画面に長時間張り付ける事が出来る忍耐と我慢強い人が向いています。

さらに、一度会社や進学などで失敗し、人生の崖っぷちに立っている人の方がメンタルがあり、スキャルピングに向きだと個人的に思います。

スキャルピングとは

スキャルピングとは、間違いやその場の空気感を瞬時に察知して、何度も取引を重ねます。

でも、このスタイルではとにかく疲れます。そこで私は、数時間で数回程度して繰り返さないスキャルピングをおススメします。

ここぞ、というタイミングが必ずあり、その時だけ取引をすれば、待ち続ける疲れはありますが、ポジションを持つ緊張感は皆無なので、ある意味で気楽に取引に参戦できます。

これが、結果的にいちばん相場に残れる方法です。

重要イベント日はトレードを避ける

そして、さらに肝心なのは平日の何のイベントがない、極有り触れた日常のみに参戦するという事です。

よくあるパターンとして、今日は経済指標の大きなイベントがあるからと言って、意気揚々と参加するトレーダーもいますが、それは絶対にやめるべきです。

特別な日は、特別な値動きをします。予測不能でどんな動きをするか察知出来なくなるので、そんな難しい日は逆にFXをしなければ良いのです。

そして、イベントが終わり相場が落ち着いた翌日から、また参戦して淡々とスキャルピングをします。

最後に

一度で大金を稼ぐのではなく、毎日少額を抜くというイメージが持てるようになれば、数年後には大金は無理でも、小遣い程度には困らないFXプレーヤーになります。

まずは、そこを目指して更なる高みに向かって努力しましょう。

 

当サイトの案内