FX取引(通貨取引)で利得を得ようとする手段

毎日のニュースの後で必ずや株式の動きと為替相場が表示されます。

この時に為替相場というのは1ドルに対して日本の円の比率を表しています。

即ち、1ドルが100円のときに対して、其の変動が1ドルが90円になったときは10円円高になったといい、また、110円になったときは10円円が安くなったと表現します。

この時に必要があって円でドルを買う、又は交換する事をFX(Foreign eXchange)と称して、この場合を単に言うならば外国通貨(貨幣、為替)を買う、又は交換する言う意味になります。

通貨というのは其の国の基準貨幣であり、其の国でないと使用は出来ません。

ところがご承知の通り通貨は為替の変動があるように国際的に相場というものがあって毎日、或いは毎時のように変動します。

為替相場即ち、為替レートは主要国において外国為替市場というものがあって、其処で異なる通貨(貨幣)が交換(売買)される時の比率のことになります。

即ち、為替相場というの円とドルの相場以外にも様々な通貨の組み合わせに関する相場があるのです。

此処で「FX取引」というのがあります。

此れは通貨の変動、為替相場を利用して、通貨を専門に取引することに対して利得を得ようとするのが目的です。

此れを通貨(為替レート)の取引、売買といいまして、為替の変動で利益や損失が出たりすることを目的とする手段があるのです。

このように、通貨や為替取引を売ったり買ったりと専門に行い、それに伴って利益(損失も出ます)を生み出そうとする行為が、専門用語でFX、若しくはFX取引といいます。

この場合の結果を観て此れを為替の差益又は、為替の差損ということになります。

更にFX取引の最大の特長は、株式や債券取引の直接数量の取引などとは異っていて、手元の資金(担保又は証拠金とも言う)を何倍もに活用して金額の取引ができるという利点もあるのです。 これをFXの専門用語でレバレッジといって、一つの取引手法として使えることです。

例えば、10万円と元にあったとすると、現在は25倍までと法的に決められているので250万円分の外貨が買えるということになり、即ち、10万円の担保金で25倍のレバレッジを効かすといいます。

FX取引には、其の他にも色々な特徴的な取引手段があるのです。