FXで大勝しないまでも、大負けしない方法の提案

FXは非常にリスクの高いものであり、われを失うと大負けしてしまいますが、手堅く行けば必ず勝てるものだと考えております。

情報収集の重要性

FXは市場の動向や各国政府の発表内容に非常に敏感に反応し動くものです。

そのため、リスクを最小限に抑えるためには株同様、情報を収集しておくことが一番重要なのですが、毎回毎回タイムリーに情報を入手できるものではありません。

そのため、自己資金の10分の1の範囲でポジションを持つことがまず大切です。FXでは軍資金がなくなった時点で終了です。

株のように放置しておけば損はしないということはなく、軍資金が尽きてしまったらその時点で破綻するからです。

そのためにも軍資金の10分の1の範囲でポジションを持つようにすれば、大きく変動したとしても持ちこたえれるはずです。これが鉄則です。

この鉄則を破り、ポジションをたくさん持ってしまうと軍資金の範囲を超えてしまう可能性があるため、さらにお金を投入できる余裕がないのであれば無謀な賭けはやめるべきと考えます。

損切りの重要性

次に損切りをできるかどうかが重要です。

私は当初損切りができない性格でした。つまり、損切りができずに、負債が大きくなっていき、首が回らなくなるということが多々あったのです。

何度も言いますがFXは株ではありません。下がっても戻るまで待っていればいいというものではなく、下がり続ければ軍資金を越えた時点ですべてなくなります。

これがFXのこわいところです。はじけてすべてなくなった場合、保証金しか戻ってきません。

株の場合は売らない限りなくなることはなく、買った値段まで待つことができます。もちろん上場廃止になれば別ですが。

そのため、FXの場合は損切りをできるかどうかで勝敗が決まってきます。ある程度下がったら、損切りするという覚悟でリミットを設定しておくことをお勧めします。

待ち続けた挙句、破綻し、保証金しか戻らない状態となってしまってはもともこもありません。

つまり、大負けしないためにも、軍資金の10分の1の範囲で動かし、損切りするつもりでやり続ければかつことができるものと考えております。

FXではストップロスの設定を忘れてはいけません